天羽研究室: 液体の分子運動を、主に低振動数ラマン散乱や赤外吸収の手法を用いて調べています。

臼杵研究室: 世界に誇る放射光施設SPring-8(右に写真があります)やPhoton Factory、J-PARCをはじめ、国内外の大型研究施設での先端実験を通して、構造不規則系物質(ガラスやアモルファス、液体)のユニークな性質や機能の解明に挑戦しています。

鵜浦研究室: 自然現象や生体反応を酸化還元反応を通して眺め、新しい反応の発見や新機能物質の創製を目指します。特にモリブデンやタングステンのオキソ金属錯体の合成やヘテロポリ酸の電気化学を中心に研究を進めています。

大谷研究室: 植物や微生物を利用した脱石油資源による化学品製造技術開発に取り組んでいます。遺伝子工学やタンパク質工学による有用物質生産、未利用バイオマス資源の活用で、環境に優しい持続可能社会構築をめざします。

奥野研究室: 私たちは細胞を研究対象としています。“細胞膜“の構造/機能を分子レベルで観察する新しい実験系を構築しています。構築した実験系を駆使し、細胞膜で繰り広げられる未知の生命現象の”仕組み“解明に挑戦します。

金井塚研究室: 再生可能エネルギー創出の観点から、無機化合物や錯体などの分子設計・合成・機能評価さらにそれらを用いたデバイス作製を行っています。特に太陽光エネルギーを有効活用できる分子デバイスの構築を目指しています。

亀田研究室: 溶液は化学反応が起こる現場であり、溶液構造の解明は化学の広範囲な分野にとって重要な課題です。亀田研究室では溶液の構造を様々な物理化学的手法を用いて原子レベルで解明する研究を行っています。

栗原研究室: グリーン・イノベーションに資する産業基盤材料創生、特に、次世代電子デバイス用途の高機能無機ナノ材料合成とのその革新技術の開発を進め、また、研究室レベルから環境破壊に直結する従来の「大量消費・浪費型ものづくりの脱却」を出口戦略に掲げます。

栗山研究室: 伊藤廣記教授と共に環境調和型有機合成をキーワードに研究を行っています。今までに、ゼオライトを固体酸触媒としたキラルラクトンの新規合成法を見つけ出しました。他にマイクロ波やイオン液体の有機合成への利用を研究中です。

近藤研究室: 種々の機能性有機化合物を合理的に設計し、それら化合物の合成とその機能の評価を行なっています。特定の分子に対する認識能を有する化合物(人工レセプター)を中心に研究を行なっています。

崎山研究室: 生体における金属元素の働きの解明、遷移金属錯体の磁気的性質の解明に取り組んでいます。特に「アミノペプチダーゼの機能モデル開発」や「配位子場がスピン軌道相互作用に影響を与える系の磁気解析」で成果をあげています。

田村研究室: ミトコンドリア、小胞体などのオルガネラが、その構造と機能を維持する仕組みについて、生化学、細胞生物学、遺伝学など様々な手法を駆使して研究しています。特に、生体膜の主成分であるリン脂質の細胞内輸送機構の原理解明を目指しています。

並河研究室: 非平衡システム、生体機能模倣、ナノ材料、自己組織化プログラム、生理活性クラスタなど幅広いキーワードを対象として、新しい物性・現象・機能性を有する材料・空間の設計とその物理化学的視点からの機構解明に挑戦しています。

日野研究室: 湖沼や湿地など水圏での微生物群集が関与する物質循環について、生理・生化学的、分析化学的な手法により解析する研究を中心に幅広く研究をしています。 また、水圏環境の自然保護・水資源保全のため、環境科学的な見地からも研究しています。

松井研究室: 本研究室では高分子材料を中心に取り扱い、これら材料を1次元から3次元まで精密に階層構造化することで、材料機能向上や新規な機能創成を目指します。

村瀬研究室: 分子が自発的に集合したり折り畳まれたりする現象(自己集合、自己組織化)を、新たな物質構築の手法として活用しています。分子を取り巻く空間を制御することで、分子がもつ潜在能力を引き出すことを目指しています。

 

研究室使用設備の一例

タンパク質精製用液体クロマトグラフィーシステム
ibuka


大型放射光施設SPring-8(兵庫県)に設置された不規則系物質専用の精密構造解析装置
usuki


細胞機能解析室(細胞培養装置、全反射蛍光顕微鏡)
okuno


X線回折装置
kameda


原子間力顕微鏡
kurihara


マイクロ波装置
kuriyama


光イオン化質量分析装置・熱重量・示差熱同時分析装置
sakamoto


炭素安定同位体アナライザ−(13Cアナライザー)
hino