HOME > News > News

2016/11/02
URLが新しくなりました!!!
2016/10/28
TOPページ、Memberページを更新し、各研究室のページを新設しました!
2016/10/18 
Membersのページを更新しました  
2016/09/14 
Membersのページを更新しました 

LinkIcon 花見

2017/04/14

河原にて毎年恒例の花見を行いました。
桜はまだ咲いておりませんでしたが、春の陽気の中楽しくBBQを楽しみました。
栗原教授の誕生日祝いプレゼントもありました。
M1が準備を頑張ってくれました。お疲れ様です。


卓越研究員、冨樫テニュアトラック助教

2017/01/17

こんなにカメラ向けられたら緊張もしますよね少し前の情報ですが、冨樫テニュアトラック助教が学長定例記者会見に出席しました。
「平成28年度科学技術人材育成費補助事業「卓越研究員事業」における卓越研究員の決定について」
 

●大学HP内、プレスリリース掲載
平成28年度科学技術人材育成費補助事業「卓越研究員事業」における卓越研究員の決定について
大学HP・プレスリリースはこちら   ※写真も掲載されています


LinkIcon OBの活躍

2016/12/06

山形がこんなに寒くなる前、ひと月以上も前のことですが、OBがお仕事として研究室にお越しくださいました。

大学院修了からまだ半年ほどしか経っていなかったのですが、話しぶりや立ち居振舞いなど、立派に"社会人"な先輩でした。
社内の発表会で大賞を取ったそうで、金メダルと共に、とても嬉しそうに報告してくださいました。

益々のご活躍を期待しています。
どんどん羽ばたいていってほしいです!


LinkIcon 論文掲載(金井塚准教授・石﨑助教)

2016/12/01

金井塚准教授、石﨑助教の論文が掲載されました。


LinkIcon 冨樫研、配属説明会

2016/11/25

「わくわく&ドキドキ実験したい人求む!」先日、学部3年生向けに配属説明会が行われました。
そこで来年度から新しく学生が配属されることになる冨樫テニュアトラック助教が冨樫研について説明の時間を頂き、説明を行いました。


錯体化学若手の会東北支部第8回勉強会に参加してきました

2016/11/14

11/5(土)に東北大学金属材料研究所にて勉強会が開催されました。
当グループからは2名発表させて頂きました。
  
発表中の古里(M1)石﨑 学 (山形大学理学部 助教)
「プルシアンブルー分散液を用いた機能評価~デバイス応用へ向けて~」
古里 菜津子 (山形大院理工・金井塚研究室 M1)
「シュウ酸銀の特定結晶界面を利用した高効率銀ナノプレート合成」

(写真提供:冨樫テニュアトラック助教)


冨樫研究室 発足!

2016/10/28

2016年10月より冨樫研究室が発足しました。

暫定的ですみません…と事務職員さんが貼ってくれました 完成した表札と荷物を運び入れる前のお部屋とともに














新しいスタートを切った冨樫研究室、よろしくお願いします!
冨樫研究室のページはこちらから

 

パパラッチ in 秋 2016

2016/10/27 

先日、TVの天気予報で言ってました。
「今日は暖かい天気となりましたが、このような暖かさは明日以降もうありません」
東北の秋は短いですね。

・・・というわけでパパラッチ in 秋 2016、まずは坂本カップ(野球大会)の写真からです。
お誕生月の坂本先生へプレゼント贈呈 その後、このガウンは奥様のお気に入りになったそうです かけつけてくれたOBの川田さん、畠山さん(写真には写っていませんが原田さんも来て下さいました)

みなさんおつかれさまでした!(近藤先生も来て下さいました。ありがとうございました。) 集合写真撮影時にはいらっしゃいませんでしたが、松井先生も来て下さいました。ありがとうございました。

そして、先日。
椿崎(B4)が思うとおりの結果が出た!と喜んで報告にきました。
冨樫助教のお墨付きをもらえたようで「よっしゃー!」と満面の笑みが印象的でした。 
 

プレスリリース・続報

2016/10/17 

以前、2016/04/20(※2016/04/21 追記)のNewsにてご紹介しましたプレスリリース・論文掲載(Nature Communications)にさらに続報です。

共同研究先の田中貴金属工業株式会社さまよりPR動画がリリースされましたのでお知らせします。

以前のNews:プレスリリース・論文掲載(Nature Communications)

 

若手研究者のための機能性材料シンポジウム を開催します

2016/10/17 

このシンポジウムでは,光科学,材料学,錯体化学,放射光科学といった機能性材料に関わる分野の若手研究者が一同に集って各々が取り組んでいる研究事例を紹介します。
6件の招待講演以外にも一般講演・ポスター発表を受け付けます。
このシンポジウムで、分野を超えた人と知識のつながりによって、新たな科学技術の芽が育まれることを期待しています。

主催団体
機能性材料シンポジウム実行委員会 
担当者:石﨑 学(山形大学)、上田 純平(京都大学)
会期
2016年12月8日~12月9日
会場  
山形大学 小白川キャンパス 理学部棟 A201, A202室
参加費
無料
懇親会費
一般4000円、学生2000円 

下記の先生方にご講演頂く予定です。

招待講演
【放射光分野】

木村 耕治 先生(名古屋工業大学、助教)

山本 勇 先生(佐賀大学、助教)

【フォトニクス分野】    

岡田 豪 先生(奈良先端大学、助教)

関 朋宏 先生(北海道大学、助教)

【錯体分野】 

井口 弘章 先生(東北大学、助教)

森本 祐麻 先生(大阪大学、特任助教)

各種申込は下記、ホームページよりお願いします。

●大学HP、プレスリリースにも掲載

冨樫助教、栗原研究室を卒業

2016/10/03

9/30付で冨樫助教が栗原研究室を卒業しました。

金井塚准教授が広報誌「みどり樹」に掲載されました

2016/09/30

金井塚准教授が大学の広報誌「みどり樹」の研究室訪問のページに掲載されました。
(※大学のHPにも後日掲載予定です)
みどり樹 Autumn 2016 Vol.69

※2016/10/17 追記 
 大学のHPにも掲載されました。(8-9ページです)
 山形大学HPより

国際学会 KJF-ICOMEP2016 参加

2016/09/14

金井塚准教授、古里・平原(M1)が学会に参加してまいりました。

ポスター発表中の古里(M1)質疑応答を終えホッとしている平原(M1)

パパラッチ in 夏 2016

2016/08/26

まだ夏が終わったわけではないのですが、7月からのパパラッチニュースをお届けします。

実験室にて平原(M1)と須藤(B4)オープンキャンパスにて研究室紹介中の荒井と平原(M1)
実験について相談しあう坂本先生と金井塚准教授真剣な表情で計算中の中山(M2)

グローブボックス

2016/07/06

写真は金井塚准教授に指導を仰ぎながらグローブボックスで作業する椿崎(B4)。
グローブボックスとは外気と遮断された状況下で作業が可能となるように、内部に手だけが入れられるよう設計された密閉容器のことで、ボックスの横にゴム手袋(グローブ)が直結してあるため、外気を遮断した作業が可能です。

 このグローブボックスは金井塚准教授の師匠、東邦大理学部森山広思教授(昨年末でご退官)より譲渡して頂いたものです。

博士前期課程中間報告会

2016/07/11

6/30と7/7の2日間で博士前期課程中間報告会が学内で行われました。
無事に終了してホッとしているようでした。

鈴木・ポスター発表中中山・ポスター発表中折笠・ポスター発表中田中・ポスター発表中佐藤・ポスター発表中渡邊・ポスター発表中

学会参加報告(ナノ学会第14回大会)

2016/07/05

金井塚准教授、冨樫助教、平原・古里(M1)が6/14(火)~16(木)、北九州国際会議場(福岡県北九州市)で開催されたナノ学会第14回大会に参加してきました。
M1のふたりにとっては初めての学会発表でした。
有意義な体験ができたのではないかと思います。

ポスター発表中の平原(M1)ポスター発表中の古里(M1)
おつかれさまでした!
次は目指せポスター賞受賞!!!









(写真提供:冨樫助教)

注目の研究(大学HP)に掲載されました

2016/07/01

栗原教授・金井塚准教授の研究が山形大学ホームページに注目の研究として掲載されています。
これからも努力・精進してまいります。

6月のパパラッチ(写真多め)

2016/06/29

日々の様子パパラッチ&6月は研究グループ内セミナーも開催しました。

日々の様子。
鈴木(M2)のデータでディスカッション中(栗原教授・石﨑助教・鈴木)せっせと研究に勤しむ折笠(M2)

測定中の荒井(M1)今が旬のさくらんぼ。頂き物で冷蔵庫が溢れています(嬉)

ラボセミナー。
B4は初めての報告。報告前には緊張した様子を見せていましたが無事に発表できたようです。
鈴木(M2)、報告後にコメントをもらっています折笠(M2)

田中(M2)渡邊(M2)、報告後にコメントをもらっています

荒井(M1)古里(M1)、報告後にコメントをもらっています

平原(M1)佐藤佑(M1)

小野寺(B4)、報告後にコメントをもらっています須藤(B4)

4月・5月のパパラッチ

2016/06/06

日々の様子パパラッチ、4月と5月分をまとめて。

4月。
新B4を迎え、講習いろいろ。
冨樫助教の講習中測定器の使用方法講習を受ける須藤・渡邉・椿崎(B4)、荒井(M1)・石﨑助教

5月。
少しずつ"研究"することに慣れてきたでしょうか。
ディスカッション中の小屋(B4)、平原(M1)、栗原教授

金井塚准教授・インテリジェント・コスモス奨励賞受賞!

2016/05/16

金井塚准教授がインテリジェント・コスモス奨励賞を受賞しました!

研究課題
「機能性色素とナノメタルの複合界面形成による高効率発電素子の創成」

金井塚准教授よりコメント
「学生に贈られる賞はたくさんあり、ありがたいことにこれまで色々な賞を頂きましたけれど、研究員、教員と立場が上がるにつれてそのような機会も少なくなっていく中、このような栄誉ある賞を受賞することができ、本当に嬉しく思います。」

プレスリリース・論文掲載(Nature Communications)

2016/04/20 (※2016/04/21・10/17 追記)


超微細回路を簡便・高速・大面積に印刷できる新原理の印刷技術を開発
- あらゆる生活シーンのIoT化・タッチセンサー化を加速する新技術 -

産総研・東大・田中貴金属・JSTとの共同でプレスリリース致しました。
詳細はこちらのPDFをご覧ください。

----------
紫外光照射でパターニングし、銀ナノ粒子を高濃度に含む銀ナノインクを表面コーティングするだけで、超高精細な銀配線パターンを製造できる画期的な印刷技術「スーパーナップ(SuPR-NaP;表面光反応性ナノメタル印刷)法」を開発しました。

プリンテッドエレクトロニクス技術のうち、微細な電子回路の構成に欠かせない高精細な金属配線を印刷する技術は、冶具・版などの汚染による繰り返し再現性の乏しさ、塗布後の基材表面上での金属粒子どうしの焼結・融着、高温の後処理によるプラスチック基板の歪み、基材の屈曲による配線の剥がれなどが課題でした。今回開発した技術は、紫外光の照射によって形成した活性の高い基材表面上に、銀ナノインク内の銀ナノ粒子を選択的に化学吸着させ、粒子と粒子との自己融着によって低い抵抗の銀配線を形成します。これにより、プラスチック基板に強く密着し、最小線幅0.8マイクロメートルの超高精細な金属配線を、真空技術を一切使うことなく、大面積基材上に簡便・高速に印刷で作製できるようになりました。フレキシブルなタッチパネルセンサーがこの技術によって実用化される予定であり、今回8インチの試作品を作製しました。
また、この成果の詳細は英国のオンライン科学誌Nature Communicationsに掲載されております。 
----------
● Nanoparticle chemisorption printing technique for conductive silver patterning with submicron resolution ●

  • Toshikazu Yamada, Katsuo Fukuhara, Ken Matsuoka, Hiromi Minemawari, Jun’ya Tsutsumi, Nobuko Fukuda, Keisuke Aoshima, Shunto Arai, Yuichi Makita, Hitoshi Kubo, Takao Enomoto, Takanari Togashi, Masato Kurihara & Tatsuo Hasegawa
  • Nature Communications 7, Article number: 11402
  • doi:10.1038/ncomms11402
  • Received: 20 December 2015
  • Accepted: 21 March 2016
  • Published: 19 April 2016
※2016/04/21 追記 各メディアにも掲載して頂いております。
※2016/10/17 追記
共同研究先の田中貴金属工業株式会社さまよりPR動画がリリースされました。
ぜひご覧ください。
 

研究室紹介

2016/02/15

栗原教授説明中
たくさんの3年生が説明を聞きに来てくれました。
来年度はどんな学生さんが配属になるのでしょうか。今から楽しみです。

卒業研究発表会

2016/02/12

卒業研究発表会が開催されました。
限られた時間の中で発表する大変さを学ぶことができました。

江川及川金子佐藤平原古里

修士論文公聴会

2016/02/10

修士論文公聴会が開催されました。
皆、それぞれ緊張した面持ちでしたが、無事に研究成果を発表することができました。

岡﨑岡村川田鈴木畠山原田

※初代パパラッチ復活しました。今後ともよろしくお願いします。

錯体化学若手の会勉強会・日本化学会東北支部講演会

2015/10/31

  

東京大学大学院理学系研究科 助教 坂本 良太先生
京都大学大学院理学研究科   助教 大坪 主弥先生
のお二人をお招きして講演会を開催いたしました。
日時:2015年10月31日(金)13:00~17:00
場所:理学部1号館S401講義室
講演内容:金属錯体低次元系のボトムアップ合成と機能発現(坂本良太先生)
     プロトン輸送空間材料としての多孔性金属‐有機ナノチューブ(大坪主弥先生)

文献講読会

2015/10/29


文献講読会の様子です。

野球大会

2015/10/4

毎年恒例の野球大会の様子です。



秋晴れの青空のもと、皆さんがんばりました!

錯体化学会第65回討論会

2015/10/01

9月21日~23日奈良女子大学にて錯体化学討論会に学生達も参加してきました。





理学部スポーツ大会

2015/09/29

毎年恒例のスポーツ大会の様子です。
皆さんがんばっていました!
  
バレーボール経験者の畠山
  
野球参戦中の及川 

大活躍のミキサーです。

2015/09/28

公転・自転ミキサー あわとり錬太郎 ARE-310
高粘度材料の撹拌・分散と脱泡を同時に処理できます。

新しい遠心機が入りました。

2015/09/15

微量高速冷却遠心機/トミー精工MX307
50mlの遠心容器で遠心分離が可能です。

鈴木健人(M1)・第28回DV-Xα研究会にて優秀ポスター賞受賞しました。

2015/08/07

鈴木健人(M1)がポスター賞を受賞しました。

研究会:第28回DV-Xα研究会
日 時:2015年8月7日(金)
場 所:山形大学




パパラッチ、交代

2015/07/03

歓送迎会での初代・2代目パパラッチこれまでスナップを撮ってきたパパラッチがしばしお休みすることになりました。
休みの間は2代目パパラッチがラボの様子を更新してまいります。
2代目パパラッチもどうぞよろしくお願いします。
 

博士前期課程・中間報告会

2015/07/02

6/25・7/2の二日間で博士前期課程の中間報告会が行われました。
M2のメンバーも真剣に質問に答えていました。

  
川田                     鈴木
  
原田                     畠山
  
岡村                     岡崎


ウイークリー報告会

2015/06/29

B4もだいぶ報告に慣れてきたところでしょうか。
江川(B4)報告中古里(B4)報告中平原(B4)報告中金子(B4)報告中及川(B4)報告中

2016/04/20 LinkIcon

超微細回路を簡便・高速・大面積に印刷できる新原理の印刷技術を開発

2013/11/13
山形新聞(朝刊)に掲載されました。

山形大のナノ微粒子製造、応用技術 ― 特許群支援事業に採択

2013/10/30
日経産業新聞(6面)に掲載されました。

海外で特許出願を ― JSTが大学支援 産業向けなど