HOME > News > Past Informations

理学部講演会を開催しました

2015/06/26

 東京理科大学理学部の田所 誠教授をお招きして理学部講演会を開催しました。
たくさんの方に聴講頂き、盛況のうちに終了することができました。

日時:2015年6月26日(金) 13:15-14:45
場所:理学部1号館13番教室
講演:分子性ナノ細孔に閉じ込められた水クラスターのプロトン伝導性
講師:田所 誠先生(東京理科大学理学部教授)

博士後期課程・研究計画審査

2015/05/22

  審査のために発表中の小野(D2)

4月のスナップ

2015/04/30

 熱い討論を交わす冨樫助教と宇留間研究員

川田(M1)・電気化学会第82回大会にてポスター賞受賞!!!

2015/03/16

川田(M1)がポスター賞を受賞しました!!!

学  会:電気化学会第82回大会
日  時:2015年3月15日(日)~17日(火)
      (ポスター発表は3月16日)
場  所:横浜国立大学(横浜市保土ケ谷区常盤台79-1)
タイトル:二酸化炭素雰囲気下における銅十ノ微粒子融看電極の電気化学的挙動

※2015/04/10 追記
 後日送られてきた賞状・記念品を金井塚准教授より
 授与される川田(M2)

2月のスナップ

2015/02/13

卒業研究発表会直前の中山(B4)にネクタイの締め方を
教えてあげる優しい先輩・川田(M1)

12月のスナップ

2014/12/13

梶川(M2)報告中川口(M2)報告中佐藤(B4)報告中鈴木(B4)報告中折笠(B4)報告中坂本先生・計算中

11月のスナップ

2014/11/25

小野(D1)に相談する鈴木(B4)実験中の金子(D3)

実験中の田中(B4)「写真撮って下さいよ」と栗原教授の横でポーズする畠山(M1)

ナノメタルスクールが注目される事項として評価されました

2014/11/20

国立大学法人評価委員会における平成25年度にかかる業務の実績に関する評価の結果、「教育研究等の質の向上の状況」項目内、注目される事項としてナノメタルスクールの取り組みが取り上げられました。

研究と社会連携に関わる部分では当スクールのみが取り上げられた形となりました。
これからも益々の努力を重ねてまいります。

国立大学法人山形大学の平成25年度に係る業務の実績に関する評価結果(PDF:3ページ目に掲載)

小野(D1)、錯体化学会第64回討論会学生講演賞を受賞!!!

2014/11/12

小野(D1)が2014年9月18日~20日、中央大学 後楽園キャンパスで開催された錯体化学会第64回討論会において「学生講演賞」を受賞しました!!!   

タイトル
「超イオン伝導性を示すプルシアンブルーナノ結晶規則配列膜の構築と伝導メカニズムの解明」

本研究は、機能性材料であるプルシアンブルー(PB)ナノ結晶とその表面サイトに着目し、界面制御による高機能化を目的としています。講演内容としては、基板上に自己組織化単分子膜を介してPBナノ結晶を一粒子ずつ固定することで構築した「PBナノ結晶規則配列膜の作製」と「PBナノ結晶同士の低温界面接合による高いイオン伝導性の発現」について発表しました。

小野(D1)、CSJポスター賞を受賞!

2014/11/11

小野(D1)が第4 回CSJ 化学フェスタ2014優秀ポスター発表賞を受賞しました。
第4回CSJ最優秀ポスター賞、優秀ポスター賞の表彰

P6-051 ⼩野 健太 (⼭形⼤院理⼯)
⾼イオン伝導性を⽰すプルシアンブルーナノ結晶規則配列膜と伝導メカニズムの解明

小野(D1)、ティーデマン・ふすま賞を受賞!

2014/10/27

小野(D1)の修士論文がふすま同窓会(山形高等学校(旧制),山形大学文理学部・人文学部・理学部の卒業生で構成されている同窓会)のティーデマン・ふすま賞に選ばれ、先日10月18日(土)に授賞式と受賞講演がそれぞれ開催されました。
受賞講演頂いた賞状等、栗原教授とともに

デイリースナップ

2014/10/23

当研究グループのパパラッチによるデイリースナップです。

装置準備中の鈴木(M1)、指導中の小野(D1)実験(+笑顔でカメラ目線)中の相馬(M2)これから装置にかける金、ゴールド、金!ウイークリー報告会中の畠山(M1)

デイリースナップと報告会

2014/10/06

当研究グループのパパラッチによるデイリースナップとウイークリー報告会の様子です。研究データについて質問する川田(M1)と栗原教授

日頃からこまめに進捗・考察を報告し、教授にアドバイスを求めています。

ウイークリー報告会
岡村(M1)報告中岡﨑(M1)報告中田中(B4)報告中スタッフよりアドバイスを受ける渡邊(B4)

理工学セミナー

2014/09/24

米沢キャンパスで行われた理工学セミナーへ参加してきました。
毎年、理学部と工学部の交流を図るために行われており、今年は交流会中にお食事等を楽しみつつ、ポスター発表というフランクなスタイルで発表させて頂きました。
説明中の鈴木(M1)説明中の原田(M1)カメラ目線の川田(M1)

金子(D3)の論文がCrystEngCommのHOT articleとして掲載!

2014/09/22

金子(D3)の論文がCrystEngCommのHOT articleとして掲載されました!
CrystEngComm Blogにも掲載

Low-temperature crystal growth of aluminium-doped zinc oxide nanoparticles in a melted viscous liquid of alkylammonium nitrates for fabrication of their transparent crystal films
Hiroki Kaneko, Takanari Togashi, Takashi Naka, Manabu Ishizaki, Katsuhiko Kanaizuka, Masatomi Sakamotoa and Masato Kurihara
CrystEngComm, 2014, Advance Article
DOI: 10.1039/C4CE01336K

高校生への講義・研究室見学

2014/09/12

たくさんの高校生が本学理学部に見学に来られました。
栗原教授は講義を、石崎助教は超微細構造解析室での案内を担当させて頂きました。
 栗原教授の講義

 石崎助教の案内

デイリースナップ

2014/09/09

当研究グループのパパラッチによるデイリースナップです。

 測定準備中の内藤(M2)

 ウイークリー報告会中の松葉(M2)

 ウイークリー報告会にて教授に質問中の齋藤(M2)

大学HPの「ハイライト -研究-」に掲載

2014/09/01

当研究グループが進めているナノメタルスクールが山形大学ホームページの研究ハイライト「新しい産学連携の形、ナノメタルスクール」として紹介されています。
これからも山形大学の研究・進化をリードする一助となるべく邁進いたします。

ハイライト -研究- (山形大学ホームページ)
みどり樹第52号 (ナノメタルスクール掲載記事)

中間報告会と大掃除

2014/08/01

質疑応答中の川口(M2)7/29~8/1で中間報告会を行いました。
学生全員、前期に行った研究をまとめ、発表を行いました。

発表中の渡辺(B4)

発表中の鈴木(M1)

シンクが大渋滞です中間報告会終了後は実験室などの大掃除をしました。

尾花沢スイカ!

2014/07/31

切り分け中の矢作(D1)、スイカを待つ原田・川田(M1)、川口(M2)夏ですね!夏と言えばスイカ!
山形のスイカといえば尾花沢スイカ!

そんな地元、山形の名産物、尾花沢スイカを矢作(D1)が差し入れてくれました。

とっても瑞々しくて甘いスイカで、全員で美味しくいただきました!

和泉:ベストポスター賞受賞!

2014/07/28

国際学会、The 41st International Conference on Coordination Chemistry (ICCC41)がシンガポールにて開催され、当研究グループ、和泉(H25年度修了)の研究成果がベストポスター賞を受賞しました!


One-Pot Fablication of Nano-Bamboo Shoot Structure Composed of Porphyrin-Ruthenium Complex Combined Molecule
Takanari Togashi, Atsushi Izumi, Katsuhiko Kanaizuka, Manabu Ishizaki, Masatomi Sakamoto, Masato Kurihara

国際学会への参加

2014/07/21

本日より国際学会、The 41st International Conference on Coordination Chemistry (ICCC41)がシンガポールにて開催され、当研究グループから金井塚准教授、石崎助教、小野(D1)が参加します。

ポスター発表

  • Fabrication and Electrochemical Properties of Prussian Blue Nano-Crystalline Monolayer Using Self-Assembled Monolayer
  • Kenta Ono, Manabu Ishizaki, Katsuhiko Kanaizuka, Masato Kurihara, Masatomi Sakamoto
  • One-Pot Fablication of Nano-Bamboo Shoot Structure Composed of Porphyrin-Ruthenium Complex Combined Molecule
  • Takanari Togashi, Atsushi Izumi, Katsuhiko Kanaizuka, Manabu Ishizaki, Masatomi Sakamoto, Masato Kurihara
  • Synthesis of High-Performance Cesium Ion Adsorbent Using Prussian Blue
  • Manabu Ishizaki, Kenta Ono, Katsuhiko Kanaizuka, Masatomi Sakamoto, Masato Kurihara, Akira Takahashi, Tohru Kawamoto, Hisashi Tanaka, Masayuki Watanabe, Makoto Arisaka, Takuya Nankawa
  • Chemical Composition Control of Potassium Copper Hexacyanoferrate by the Rinse with Cross-Flow Filter
  • Akira Takahashi, Keiko Noda, Hokuto Hariu, Hisashi Takahashi, Shin−ichi Ohkoshi, Manabu Ishizaki, Masato Kurihara, Tohru Kawamoto

デイリースナップ

2014/07/15

いろいろ調整中 ラボでの日々の様子3連写
 共同でメンテナンス中の冨樫助教・宇留間研究員・齋藤(M2)

うまくいきますように 実験中の坂本先生

実はポーズ取ってます 実験中の川口(M2)

ウイークリー報告会

2014/07/07

田中(B4)毎週金曜日は進捗報告会です。

川田(M1)進捗を先生・スタッフにこまめに確認してもらい、今後の研究方針を練ります。

栗原教授のミニレクチャー中

2014/06/27

スタッフルームにて学生指導中の栗原教授

開催報告:坂本教授退官記念パーティー

2014/6/24

5月4日(日・祝)に行いましたホテルメトロポリタン山形にて坂本政臣教授退官記念パーティーは多くの先生方、OB・OGにご参加頂き、盛大のうちに終了いたしました。

坂本教授スピーチ中パーティーの様子

約80人でお祝いすることができました
皆さまの多大なるご協力に感謝いたします。

理学部講演会開催のお知らせ

2014/5/26

下記の日程で理学部講演会を開催いたします。
お時間のある方は是非ご参加ください。

日時: 6月16日(月)16:30-17:30
場所: 理学部1号館13番教室
講師: 山下正廣教授(東北大学)
講演タイトル:「単分子量子磁石を用いた量子分子スピントロニクス:野茂とイチローはどちらが偉いか?」

 ※2014/06/27 追加
講演会、多くの教員、学生にお越し頂き、活発な質疑応答も交わされ、
盛況のうちに終了いたしました。

新4年生指導中

2014/4/10

新4年生を指導する畠山(新M1)
頼もしいです

優しく見守っている岡﨑(新M1)


物質生命化学科ボウリング大会

2014/3/11

表彰後、臼杵学科長と抱擁する栗原教授物質生命化学科ボウリング大会が開催されました。
新4年生も参加して楽しい大会となりました。


個人戦表彰の金井塚助教栗原研チームと金井塚助教がそれぞれチーム戦、個人戦で表彰されました。
(手前の赤いセーター:大会の幹事で当研究グループ新4年生の渡邊)



卒論優秀者表彰:岡村翔太大会後の表彰式では卒論・修論の優秀者表彰も同時に行われ、当研究グループの岡村が卒論優秀者として表彰を受けました。

坂本政臣教授退官記念パーティー・講演会についてのお知らせ

2014/3/5

当研究グループの坂本政臣教授の退官記念パーティー・講演会の開催は5月を予定しております。
詳細は下記リンクをご覧ください。
新たな情報につきましては随時下記リンク内に更新・掲載いたします。

坂本政臣教授退官記念パーティー・講演会 詳細情報

坂本政臣教授最終講義についてのお知らせ

2014/2/27

当研究グループの坂本政臣教授の最終講義を以下の日程で開催いたします。

  • 日時: 平成26年3月7日(金) 14:40~16:10
  • 場所: 理学部先端科学実験棟 S401教室
  • 講義: 「47年間の大学生活を振り返って-人々との出会いと錯体化学的ものづくり-」

最終講義のお知らせ (大学HPより)
山形大学を去るにあたり (大学HPより)

※写真を追加しました(2014/04/14)

学生3名が山形大学学生表彰を受賞!

2014/2/10

当研究グループの学生3名が平成25年度山形大学学生表彰を受賞しました!

  • ◆小野 健太 (M2)
    • 国際学会である、平成25年度化学系学協会東北大会及び日本化学会東北支部70周年記念国際会議において優秀ポスター賞を受賞し、また、錯体化学若手の会夏の学校2013においても優秀ポスター賞を受賞したため
  • ◆梶川 あずさ (M1)
    • 錯体化学会第63回討論会において、ポスター賞を受賞したため
  • ◆川口 拓也 (M1)
    • 錯体化学若手の会夏の学校2013において、優秀ポスター賞を受賞したため

※2014/02/21 表彰式後の写真を追加しました。(左側より川口(M1)、小野(M2)、梶川(M1)、金井塚助教)

講演会を開催しました(中央大学・芳賀正明教授)

2014/1/30

金井塚テニュアトラック助教主催で中央大学の芳賀正明教授をお招きし、理学部講演会を開催しました。
「表面での分子デバイス構築のための錯体化学的アプローチ」というタイトルでご講演頂き、立ち見も出るほどの盛況のうちに終了いたしました。

平成25年度 財団法人 ホソカワ粉体工学振興財団 研究助成に採択されました

2013/12/11

冨樫研究員が平成25年度財団法人ホソカワ粉体工学振興財団の研究助成に採択されました。
「超分子接合による医療用バイオ無機融合ナノ粒子の開発」

平成25年度 (独)科学技術振興機構「特許群支援」に採択されました

2013/11/12

栗原教授記者会見の様子当研究グループをはじめとした山形大学理学部において発明・開発された「低温焼成型の銀・銅系ナノ微粒子の製造とその応用技術」が、(独)科学技術振興機構(JST)・知的財産戦略センターにおいて、「プリンテッドエレクトロニクス用電極材料に関する特許群」として認定され、我が国の知的財産戦略に基づく総合的な支援を受けることになりました。

優秀ポスター賞受賞!(M1・梶川あずさ)

2013/11/06

錯体化学会第63回討論会(沖縄)においてM1・梶川あずさが優秀ポスター賞を受賞しました!
(写真・左から3人目)

詳細はこちら:錯体化学会ポスター受賞者一覧


学会発表(冨樫・座長、M1川口・口頭発表、M2・M1・ポスター発表)

2013/11/01-05

錯体化学会第63回討論会(沖縄)において下記発表、座長等を行いました。

  • 冨樫研究員・・・座長
  • 川口(M1)・・・口頭発表
  • 学生(M2・M1)・・・ポスター発表

坂本教授誕生記念野球大会開催

2013/10/05

ピッチャー:坂本教授坂本教授誕生記念野球大会を開催しました。
当研究グループのほか、伊藤研、近藤研からの参加もあり、和気あいあいと楽しくプレーすることができました。


優秀ポスター賞受賞!(M2・小野健太)

2013/09/30

平成25年度化学系学協会東北大会及び日本化学会東北支部70周年記念国際会議(東北大学)においてM2・小野健太が優秀ポスター賞受賞しました!


学会発表(栗原教授・講演、金井塚テニュアトラック助教・石崎助教・冨樫研究員・M2・M1・ポスター発表)

2013/09/28-30

平成25年度化学系学協会東北大会及び日本化学会東北支部70周年記念国際会議(東北大学)において下記発表、講演、座長等を行いました。

  • 栗原教授・・・講演
  • 金井塚テニュアトラック助教、石﨑助教、冨樫研究員・・・座長
  • 学生(M2・M1)・・・ポスター発表

山形大学テニュアトラック国際シンポジウム開催

2013/09/27

金井塚テニュアトラック助教の主催で、海外(中国・台湾)、国内から講師をお招きし、国際シンポジウムを開催しました。
英語での開催でしたが、質疑応答も活発に行われ盛況のうちに終了しました。
プログラムはこちら


優秀ポスター賞受賞!(M2・小野健太、M1・川口拓也)

2013/08/11

M2・小野健太、M1・川口拓也が錯体化学若手の会夏の学校2013(北海道)に於いて優秀ポスター賞を受賞しました!
(写真・上段右から1、2人目)