SCCJ公開フォーラムのページは、ここをクリックしてご覧ください。

日本コンピュータ化学会2012秋季年会

研究発表プログラム

■ 一日目(10月13日)

12:00 受付開始
13:00-15:00 口頭発表
セッション1(13:00-14:00,各20分),座長:大西 拓(三重大学)
1O01

Neマトリックス中のCu原子の励起状態の計算
○秦野甯世(中京大・情報理工)、舘脇洋(名市大システム自然科学)、山本茂義(中京大・国際教養)

1O02

ミュオン触媒核融合の反応機構に関する理論的解析
○石元孝佳、古山通久(九大稲盛セ)

1O03

光合成反応中心における機能発現への電子状態計算からのアプローチ  励起エネルギー移動および電荷分離過程の考察
○鈴木 哲、梅崎雅人、錦織広昌(計算化学工房、富山大和漢薬研、信州大工)


セッション2(14:00-15:00,各20分),座長:石元 孝佳(九州大学)
1O04

ケクレ構造の数え上げの一般的方法
○藤田眞作(湘南情化研)

1O05

C70の環化付加反応への振電相互作用密度解析の応用
春田直毅、○佐藤徹、田中一義(京大院工)

1O06

理論化学・計算化学の役割とターゲットを考える
○細矢治夫 (お茶大名誉)

15:05-16:15 ポスター概要説明・展示会プレビュー
ポスター概要説明(2分),座長:神部 順子(江戸川大学)
 下記ポスター発表の部参照

研究展示(5分程度),座長:神部 順子(江戸川大学)
RX01

分子軌道のガラス内彫刻(その3) 水などの基本的分子の表示
時田 那珂子、○時田 澄男(埼玉大名誉)


企業展示(各5分程度),座長:神部 順子(江戸川大学)
EX01 株式会社菱化システム
EX02 ShareTaskアライアンス(アンクル、テンキューブ研究所、クロスアビリティ、法政大、シミュラティオ、キヤノンITソリューションズ)
16:20-17:50 ポスター発表(90分)

1P01

シミュレーション教育の実践と成果
○吉村忠与志、佐々和洋、青山義弘(福井高専)

1P02

分子軌道法によるHF, LiH, HeH+の双極子モーメント
○寺前裕之(城西大理)、長岡伸一(愛媛大理)、長嶋雲兵(産総研)

1P03

トリス(2-ヒドロキシフェニル)メタン誘導体とアニオン類との相互作用
○伊藤和明(山形大工)

1P04

QCT 法を用いたN2+O2系の振動緩和過程の理論計算
○大久保泰裕、河野明男、高橋修、山崎勝義(広大院理、JAMSTEC)

1P05

Flashを用いた分子グラフィックスシステムの応用(仮)
○宇野健、佐々和弘、林治尚、中野英彦(県立広島大、福井高専、兵庫県立大)

1P06

爆発性物質の蛍光センサーにおける消光課程の理論的解析
○藤崎真史、野村泰志、英謙二(信州大)

1P07

小直径のCNTにおけるπ電子分布の解析2
○森川大、野村泰志(信州大)

1P08

カーボンナノチューブとポリビニルアルコールの吸着機構の検討
○小林俊樹・野村 泰志・渡邊旭平・後藤康夫(信州大)

1P09

天然のタンパク質のアミノ酸配列における周期性について 第二報
稲井公二、○岡 勝仁(大阪府立大)

1P10

分子動力学計算によるプロリン残基とアラニン残基からなるブロックコポリペプチドの構造解析
稲井公二、○岡 勝仁(大阪府立大)

1P11

DPCミセルの分子動力学的基礎解析
○佐々和洋(豊橋技科大院工)、長井昭太朗(豊橋技科大院工)、林治尚(兵庫県立大)、後藤仁志(豊橋技科大院工)

1P12

チオシアン酸イオンが軸配位したカルボン酸架橋ルテニウム(II,III)二核錯体についてDFT計算に基づく電子状態の考察
半田真、崎山博史、御厨正博、池上崇久(島根大院総合理工、山形大理、関学大理工)

1P13

DMSOが配位したフェノキソ架橋二核銅(II)錯体の磁気的性質に関するDFT計算
○角田剛久、吉岡大輔、○御厨正博(関学大理工)

1P14

反強磁性二核コバルト(II)錯体の電子状態に関する理論的研究
○豊田泰全、干場興志郎、阿部穣里、崎山博史、波田雅彦(首都大理工、首都大院理工、首都大院理工、山形大理、首都大院理工)

1P15

並列FMOプログラムOpenFMOの高性能化
○稲富雄一、眞木淳、本田宏明、高見利也、小林泰三、南里豪志、青柳睦、南一生(九大)

1P16

一般書を下敷きにしたJmol版分子教材の作成
○本間善夫(新潟県立大学)

1P17

セシウム-黒鉛層間化合物(Cs-GIC)によるエチレンのオリゴメリ化反応の解析
○大嶋正人、武田馨、有澤義晃、松本里香(東京工芸大)

1P18

メニーコアプロセッサSIMD演算向けのデータ並列2電子フォック行列計算
○本田宏明1、稲富雄一1、真木淳2 (1九大、2九州先端研)

1P19

局所芳香族性予測のためのCMAK法および拡張
◯酒井章吾(岐大工)

18:05 学会会場から懇親会会場へのバス出発
18:30- 懇親会 (ホテルキャッスル 12F モンターニュ)

 

■ 二日目(10月14日)

09:00 受付開始
09:30-12:45 SCCJ公開フォーラム(一般公開)
SCCJ公開フォーラム 特別講演(9:30-11:30,各60分)座長:崎山 博史(山形大学)
FO01

ナノ微粒子の魅力    ― 10億分の1メートルの世界 ―
栗原正人 先生(山形大学理学部)

FO02

分子となかよくなろう!  ─ アートな分子ワールド探検 ―
本間善夫 先生(新潟県立大学)


SCCJ公開フォーラム 展示紹介(11:30-11:50),座長:崎山 博史(山形大学)

FE01

「ヒッグス粒子」発見に貢献した光電子増倍管
福岡 浩晃(浜松ホトニクス)、須山 英三

FE02

原子からナノスケールの化学現象を計算機でシミュレーション
千葉貢治、池田博隆(株式会社菱化システム)

FE03

分子計算支援システムWinmostar  ─ 作者が語る分子計算の世界 ―
千田範夫(ShareTaskアライアンス)

FE04

あ!きれい!原子の中のフシギな芸術NEBULA(ネビュラ)
―1000億分の5メートルの世界―
時田 那珂子、時田 澄男(埼玉大名誉)

11:50-12:45 公開フォーラム 展示 (展示時間が昼休みにかかります)
12:00-13:00 昼休み
13:00-15:00 口頭発表
セッション3(13:00-14:00,各20分),座長:佐藤 徹(京都大学大学院)
2O01

One-class support vector machineを用いたソフトセンサーモデルの予測誤差の推定
〇金子弘昌、船津公人(東大院工)

2O02

量子化学計算による伝導イオンの化学結合特性の判定
○大西 拓(三重大院工)

2O03

A Quantitative Study for Photoelectron Angular Distribution from Nickel-phthalocyanine Thin Film by Multiple-Scattering Theory combined with Molecular Orbital Calculation
○Yuan LIU, Satoshi KERA, Shinichi NAGAMATSU, Nobuo UENO (千葉大融合科学)


セッション4(14:00-15:00,各20分),座長:佐々 和洋(豊橋技術科学大学)
2O04

アルゴンの3相平衡(v3)
○片岡洋右・山田祐理(法政大生命)

2O05

DV-Xα法による分子の全エネルギー計算と構造最適化
○中川 克己(MO BASICS Research)

2O06

原子構造計算におけるセルフ・コンシステント計算法の改良 その2
〇石川英明

15:05-15:50 ポスター概要説明
ポスター概要説明(2分),座長:大嶋 正人(東京工芸大学)
15:50-17:20 ポスター発表(90分)
2P01

フルボキサミンの異性化反応経路の理論的研究
○小田井圭(湘北短大情報メディア)、杉本徹(関東学院大工)、伊藤悦郎(徳島文理大香川薬)

2P02

タンパク質-リガンドドッキングにおける多目的最適化の有用性の評価
○小田彰史、高橋央宜、福吉修一、中垣良一(金沢大院薬、東北薬大、阪大蛋白研)

2P03

蛋白質の水分子結合モチーフ:架橋水と水和水
○山乙教之、中込泉、合田浩明、広野修一(北里大薬)

2P04

分子軌道計算による ダイヤモンド/ニッケルめっき過程の研究4
○伊藤耕悦、松原浩、内田希(長岡技大)

2P05

ルチジン誘導体生成の反応機構に関する理論的研究(2)
○石川諒、寺前裕之(城西大理)、丸尾容子(NTT環境エネルギー研)

2P06

エタノールアミンの構造に関する理論的研究
○小薗貴幸、寺前裕之(城西大理)、丸尾容子(NTT環境エネルギー研)

2P07

Ni(II)錯体の溶液内挙動とDFT計算
○山口亮1、田崎盛也2、山崎幹緒3、安里英治2、崎山博史1 (1山形大理、2琉球大理、3株リガク)

2P08

自己組織化マップを用いた樹脂特性可視化技術の開発
○稲葉彩乃、田村克浩(静岡県工業技術研)

2P09

<発表中止>

2P10

分子動力学法を用いたアルミナ焼結挙動の解析2
○楠橋陽教、内田希(長岡技大)

2P11

1,2-ジメチレンシクロヘキサン誘導体の配座探索
平岡万実、○内田 希(長岡技大)

2P12

水の均一蒸気-液体核生成過程の分子動力学シミュレーション:核生成理論との比較
○河野明男(海洋研究開発機構)、田中今日子、田中 秀和(北大低温研)

2P13

滑り運動しているアクチン繊維にみられる屈曲伝播の数理モデリング
國田樹、○櫻沢繁(はこだて未来大)

2P14

ビス(アセチルアセトナト)ジアクアコバルト(II)の電子スペクトルの詳細な解析
○千葉友香子、山口亮、崎山博史(山形大理)

2P15

虹のデジタル画像解析
八木 徹1、〇神部 順子1、長嶋 雲兵2、青山 智夫2 (1江戸川大学、2産総研)

2P16

日食のガイガーカウンタを用いた観測
○八木徹、神部順子、石川宏、中山榮子、長嶋雲兵、青山智夫 (江戸川大学、産総研)

2P17

Exploring nuclear quantum effects on ionic hydrogen bonded structures of Cl-(H2O)1-4
○Qi Wang1, Kimichi Suzuki2, Masanori Tachikawa3, Umpei Nagashima1,2 (1University of Tsukuba, 2National Institute of Advanced Industrial Science and Technology (AIST), 3Yokohama-city University)

2P18

ハイブリッド並列分散処理技術による結晶計算法の開発
○佐藤充晃、後藤仁志、小畑繁昭(豊橋技大院、産総研)

2P19

量子化学計算における計算精度算出
○小原 繁(北教大釧路)

17:20 年会終了